アクセス解析
2011年2月22日

fakepathって何!?

この記事をTwitterに投稿するはてなにブックマーク はてなにブックマーク│ この記事のカテゴリ:

会社でWindows7搭載パソコンでアクセスしたサイトに、ファイルを添付して送ろうとしたら、「その添付ファイルが見つかりません。」と表示されるトラブルが発生したので、見てくれという連絡を受ける。


VISTAなどが使いにくかったこともあり、会社で買うパソコンは極力XP搭載のもの・・・だったけれど、さすがにXPの販売も終了し、最近はWindows7搭載パソコンが会社にも入り始めた。そのため、いままでなかったトラブルや難しい操作も出てくる。個人で使っているパソコンも5年前に買ったXPパソコンなので、対応してくれといわれてもわからないことが多くて大変。


・・で、原因を調べてみると、添付ファイルの置いてある場所はデスクトップなのに、添付しようとしているファイルはCドライブの「fakepath」の中にあると表示されている。添付ファイルの位置を別の場所に移動して、再度添付しようとしても、やっぱり同じことになる。


なので、ネットで「fakepath windows7」と入れて検索してみた。すると、インターネットエクスプロラーのセキュリティレベルが高いと、自動的にこの「fakepath」という文字を入れるのだということがわかる。そこで、早速、「ツール」→「インターネットオプション」から「セキュリティ」を選択して、レベルを下げてみたところ問題が解決。ファイルを添付できるようになった。


私のように問題が起こると、とりあえず、すぐにネットで検索して解決策を見つけるようにしている人間はこういった問題が起きても比較的対応しやすいが、パソコンにあまり詳しくない人は、こういう事態が起こると待ったくどうして良いのかわからず、パニックになってしまうことが多いようだ。


パソコンが人に優しくなる時代っていつか来るのでしょうか・・・?



この記事をTwitterに投稿するはてなにブックマーク はてなにブックマーク│ posted by  okmt


トラックバックURL
http://blog.d-fantasista.net/mt77/mt-tb.cgi/1632